セミナー情報

o2o提携店舗セミナー

投稿日:2017年5月12日 更新日:

9日、四谷三丁目のエムワイ会議室にてオフライン店舗の提携登録説明会がありました。
今後mfcclubはMcoinを利用できるオフライン店舗(実店舗)を大量に増やしていくことを計画しています。その店舗向けの説明が半分、会員向けに店舗での決済方法の説明が半分と言うかたちでした。生活のすべてをMcoinで済ますことができる日も近いかもしれません。
また、店舗経営をなされている方にとってはまたとないチャンスだと思います。

セミナーでは、すでに店舗登録されている店舗のオーナー様方がお話くださいました。
去年から登録している神戸のブティックのオーナーのお店では3時間で90万円売り上げたこともあるそうです。
また、同様に神戸のお肉屋さんは登録初月の売上が1千万円増加したとか・・・発送作業は壮絶を極めたでしょうね。

では、セミナーの内容をまとめてみます。

登録について

登録は決済方法毎に2つに分かれています。

o2oLRによる決済の場合、Mアカデミーが登録の審査を行います。
Egenカードでの決済はMYWORLD-CCIが審査を行います。

申請用紙はそれぞれ別になっていますので、登録を行いたい申請書をアップから手に入れてください。

提携店舗のメリット

・豊かな資産を持つmfcclub会員全員が潜在顧客になり、まだ利用できる店舗が少ないMcoin市場に参入することができます。
・導入コスト、日々の管理コストが無料で手数料も格安です。
・オンライン(Mmallなどネット通販)展開も可能になります。

提携店のデメリット

・店舗の場合、決済が毎週月曜日締めで、約3週間後の入金となります。
・会社への報告書を自力で作成する必要があります。表記は英語でエクセルの操作も身につける必要があります。

決済方法について

提携には2通りあり、スマホアプリによるo2oLRでの決済とEgenカード(マレーシアで入手可能)でのMposによる決済で、どちらも会社の手数料は10.6%になります。
決済金額はそれぞれ設定されていて、少し内容が異なるので注意する必要があります。

o2oLRは消費者1名が1店舗につき最高30万円消費することができます。つまり1人の人に30万円以上のものを売ることができません。ただ、顧客が増えれば売上限度額は増えていき、3名の顧客がいれば90万円の売上が最高になり、100人いれば3,000万円売り上げることができます。
一方Egenカードでは1店舗あたり1ヶ月250万の売上が限度になります。これは顧客が何人いても変わりません。1人の人に多くの商品を買ってもらうことができますが、どんなに顧客数があっても250万円以上売上を上げることができません。

これらの特徴を考えて決済方法を選択する必要がありますが、どちらも登録することが可能ですので両方の決済方法を利用可能にすることお勧めいたします。

販売禁止商品

・アルコール(飲食に含めた場合OK) ・銃刀類 ・骨董品
・貴金属、宝石類 ・薬品 ・カード類 ・美術品
・ギャンブル関連商品 ・風俗関連商品

尚、提携には会員登録が必要で$100から参加から可能ですが、我々は$1,000以上の参加をお勧めしています。
詳細については、私共にお尋ね下さい。

-セミナー情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【6月14日】セミナー開催情報

8周年のイベントが行われたり、日本国内ではオフライン店舗の登録が活況になっていたり、Mcallでの決済方法も周知されるようになってきました。mfcclubのいいところでも悪いところでもありますが、制度 …

セミナー情報 2017/05/06

5月6日にJR田町駅から5分の港区勤労福祉会館でセミナーを行いました。 午後1:30から5:30まで、前半は講師による非会員用のセミナーで後半は会員用の勉強会を実施しました。当日は、スマホ用アプリの使 …

8月のセミナー開催のお知らせ

この所の蒸し暑さを思うとこれからが思いやられますね。 その暑さ真っ盛りにHOTなセミナーを開催したいと思います。 益々使う楽しさが広がっているMfcClubの真実をお伝えするセミナーです。 前回お知ら …

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

30代のサラリーマンを中心としたグループです。
金融機関、IT企業、エンターテイメント事業、医療機関などなど幅広い職種、経験仲間とのびのびやっています。
パソコンスキルに長けたメンバーが多いのでご質問もお待ちしております。