投資

【投資案件】ワンルームマンション投資

投稿日:

5年ほど前の2012年頃の話ですが、会社の友人の紹介で、ワンルームマンションの営業の方に会うことになりました。
会って最初は話を聞くだけかと思っていたのですが、いきなり「買いませんか」とか、「源泉徴収票を持ってきてください」とか言われて、びっくりしたのを覚えています。

東西線の某駅より徒歩8分、29平米で約2500万円、という物件でした。
高いのか安いのかも相場がよくわかりませんでしたが、「あと100万円引いてくれたら前向きに検討します」、
的なことを言ってみたら、その場で上司に電話をして本当に割引を決めてくれてしまって、
逆に後に引けなくなってしまったのを覚えています。

後にも先にもこんなに高い買い物をしたことがなかったので、
すごく汗びっしょりになったのを覚えています。

その会社は家賃から計算して利回りが4.75%(値引き前)になるように価格が設定されているので、
透明性があります、というようなことを言っていました。
数百万円の頭金を入れたので、毎月1万円近くのプラス収支で回ってはいますが、
総収支でいくとプラスに転じるのは、30年後くらいですね。あと25年くらい。
その頃家賃がどうなっているのかも、全くわかりません。

また、サブリース(30年)が設定されており、管理費込で6%を支払っています。
サブリースなしだと管理費が3~5%くらいのところが多いので、家賃補償がついている分良いのかなと思って、
サブリース契約を続けています。
というか、契約解除には半年分の家賃が必要と言われていて、解除できないだけ、といえばそうなのですが・・・。

ただ、家賃の設定は管理会社で2年毎に設定することができるので、
どう転んでも管理会社は損をすることのない不利な契約だよな、と今でもあまり納得できないでいます。
不動産関係の友人に聞くと、「そうは言っても家賃に連動した管理費にはなっているので、管理会社としても極端なや賃下げは無いはず」と言われて納得もしているのですが。

現在5年が経ちましたが、家賃が下がることはなく、金利が下がっている、という状況なので、順調といえば順調です。
5年前に較べて不動産の価格は上がっているので、私としては家賃を上げて欲しいところです。

日本は人口が減ってはいますが、世帯数は増えており、
東京の世帯数もしばらくは増え続ける予定です。
(参考:東京都世帯数の予測)
http://www.toukei.metro.tokyo.jp/syosoku/sy-gaiyou.htm
なので、しばらくは保持の予定ですが、今後高く売れそうな話があったら、そのときは検討します。

「まだローンに余裕があるので」と言われ、買い増しを打診されることは多いですが、
買い足しをしようとは流石に思えません。
今の状況を考えると中古築浅の物件を5年前に購入すれば良かったな、と思っています。

-投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

投資案件【薬局M&A】

このご時世にどんどん増え続けているお店、歯医者、コンビニ、マンション、駐車場やコインランドリーなどなどありますが、最も増加しているのは(調剤)薬局かもしれません。 薬局のM&A 駅前に行けば必ず複数の …

【投資案件】診療報酬債権

私はこれまでmfcclub以外にも様々な投資を行って来ました。利益を出したものもあれば、まるまる損した物もありました。未だにどんな結果が起こるのかわからない時間のかか~る投資もあります。今回はこれらの …

【投資案件】アパート投資①

不動産投資に関しては低金利政策も相まって非常に人気のようですね。マンション経営の上場企業が軒並み最高益を出していたことからもそれが伺えます。私も経験があるので今回はその話をさせていただきます。 アパー …

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

30代のサラリーマンを中心としたグループです。
金融機関、IT企業、エンターテイメント事業、医療機関などなど幅広い職種、経験仲間とのびのびやっています。
パソコンスキルに長けたメンバーが多いのでご質問もお待ちしております。