GRCの値上がり

GRCは株式と同様に市場で取引されます。株式市場は株式(株)と現金(円)の交換市場であり、1株当たりの価格がつけられて持ち株数×1株当たりの価格で総資産が表されます。現金で株式を買いたい人が多ければ値上がりしますし、株式を売って現金がほしい人が多ければ値段は下がります。
一方GRCも株式と同様に市場で取引されています。GRC市場はGRC(枚)とGRCポイント($)の交換市場であり、GRC枚数×1枚当たりのGRC価格で総資産が表されます。株式市場と大きく違っているのは、GRCは株式と違ってどんなことがあっても値段を下げることはないということです。それは下記の2つの条件がそろっているからです。

①GRCの買い手側は注文時に現在価格で即時に決済されます。株式用語で言うと成行買いしかできない。

②売り手側は現在価格以下では売り注文を出すことができません。現在価格より1¢以上高い値段でしか注文できません。

この2つの条件により、GRCの価格は下がることはなく上がり続けることになるのです。
では具体的に見ていきましょう。

GRC値上がりの秘密1

GRC市場の売り側は販売価格毎に注文順に並んでいきます。前に並んでいる人の注文から決済されていきます。また、現在価格は21¢ですので、21¢以下で売り注文を行うことはできません。

現在21¢で並んでいる方々は20¢以下の時に注文をされていたことになります。

 

GRC値上がりの秘密2

22¢と24¢に新たに売り注文が入りました。

また、500枚の買い注文も入っています。買い注文は全て成行注文のみですので、21¢で即時決済されます。

 

 

GRC値上がりの秘密3

21¢で売り注文を出していた先頭の2人は売り切ることができました。そして後ろに並んでいた老人とサラリーマンが前にでてきます。

また、新しく2000枚の買い注文が入りました。

 

 

GRC値上がりの秘密4

21¢の売り注文は全て決済されたので現在価格が22¢に上がります。医師の買い注文は1,400枚残っているので22¢の売り注文も決済されていきます。

 

 

GRC値上がりの秘密5

22¢の売り注文も全て決済されたので、価格は23¢に上がります。

売り注文は23¢以下では出すことができなくなりました。

 
 

このように、買い注文と売り注文に制限をかけることでGRCは価格を下げることがなく上り続けます。株式市場もこのような制限をかけたらどうなるんでしょうかね。

GRC市場でこの方式がいつまでも続いていくのには理由があります。GRCポイントだけでは資産は増えていきませんので、GRCポイントを持っている人は必ずGRCに交換したいとの誘因が働きます。事実GRCポイントを入手したらすぐにGRCを買いに行くべきです。

GRCは持っていれば資産は増えますが、現金にしたり仮想通貨にて商品を購入したりする際はGRCを売ってMクレジットやMcoinに変えていかなければなりません。また、GRCは4回分配を経験するとMPへの強制変換がありますので、一定数のGRCは売っていかなければなりません。

このようにしてGRCは買う誘引も、売る誘引も常にあるのでGRC市場の不思議な値上がり制限が保たれるのです。

投稿日:2017年5月3日 更新日:

執筆者:

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

30代のサラリーマンを中心としたグループです。
金融機関、IT企業、エンターテイメント事業、医療機関などなど幅広い職種、経験仲間とのびのびやっています。
パソコンスキルに長けたメンバーが多いのでご質問もお待ちしております。