GRCの売却

GRCが値上がり分配を繰り返して資産を増やしてもそれだけでは現金や商品の購入などには使えません。GRCを売却しなければならないのです。

GRC市場でGRCを売るときは売りたい価格売りたい枚数を決めて注文に出します。買い注文が増えて無事売り注文が決済されると、売った価格×売れた枚数の資産が手に入ることになります。ここで手に入る資産は下記のように振り分けられます。

GRCポイント:30%

Mクレジット:55%

Eクレジット:5%

販売手数料:10%

GRCが価格30¢で10,000枚、合計$3,000で売れた場合、GRCポイントが$900、Mクレジットが$1,650、Eクレジットが$150、販売手数料が$300と振り分けられます。

GRCポイントはGRCを買うためのポイントですのですぐにGRCを買いに行きましょう。

Mクレジットは現金化可能なポイントです。Mクレジットの使い方へ

Eクレジットはオンライン、オフラインで買い物することができるポイントです。ショッピングの仕方

販売手数料は会社に支払う手数料です。

このようにGRCポイント→(GRC購入)→GRC→(GRC売却)→GRCポイント、Mクレジット、Eクレジットと変化していくのがGRC市場の特徴の1つです。

投稿日:2017年5月6日 更新日:

執筆者:

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

30代のサラリーマンを中心としたグループです。
金融機関、IT企業、エンターテイメント事業、医療機関などなど幅広い職種、経験仲間とのびのびやっています。
パソコンスキルに長けたメンバーが多いのでご質問もお待ちしております。