GRCの分配

GRCは値上がりを続けることは理解して頂いたと思いますが、もし値上がりを際限なく続けた場合どうなってしまうでしょうか。もし1枚のGRCが$100などとなってしまった場合、1,000枚のGRCを購入するのに$100,000かかってしまうことになり、買い手に抵抗感が生まれてしまいます。

ここで登場するのが分配という仕組みです。これは株式で言うところの分割に相当します。GRCの総資産は変えずにGRC1枚あたりの価格を一定の割合で分割します。総額は変わらないのでGRCの枚数を分割の逆数分だけ増やさなければなりません。(GRC1枚あたりの価格が1/3になったらGRCの枚数は3倍になります)

具体的に見ると、GRCは40¢程度になると分配し20¢程度に価値を戻します。GRCの現在価格が40¢の時、ある会員がGRCを100枚持っているとして、分配がありGRCの価格が20¢となった場合、会員は(40¢×100=)40$-(20¢×100=)20$の差額20$分のGRC、100枚を会社から受け取ります。これで会員が持つ資産は40$となり分配前と合致します。

このようにGRCは価格が40¢ほどに達すると分配するというルーティーンを繰り返すことによって会員は保有枚数を倍増させていきます。

下の表は今までの分配実績です。2012年にmfcclubの前身mfaceが始まってから約4年3か月で11回の分配を繰り返し、当初からGRCを持っている会員は資産を920倍にしていることになります。う~ん、羨ましい。

 

投稿日:2017年5月6日 更新日:

執筆者:

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

30代のサラリーマンを中心としたグループです。
金融機関、IT企業、エンターテイメント事業、医療機関などなど幅広い職種、経験仲間とのびのびやっています。
パソコンスキルに長けたメンバーが多いのでご質問もお待ちしております。